超、健康オタクです!、 はじめまして!

3年前、人間ドックでメタボリックシンドローム予備群該当と診断されました。

そう云われても、何の自覚症状もありませんし、体調が悪いわけでもありません。
しばらくほっておいたら市役所から健康指導のお知らせが・・・
会場で検査結果を説明するから、ぜひお越しくださいとのこと。

日曜日、面倒くさいと思いながらも市役所へ。
会場へ行ってみると、やはり人は少ない。
失敗した、来なければよかったと思っていたら、
ときすでに遅く、指導の方にすぐに声をかけられてしまった。

そして渡されたのが「私の健康記録」と云うファイル。
DSCN0514[1]
開いて見るとその中に、今回の検診の結果がファイルされている。

指導員がそのファイルを見ながら説明を始めた。
今回、メタボリックシンドローム予備群に該当することになったのは
次のような検査値が異常値になったからです。

このまま行くと、メタボリックシンドロームになりますよ!!って、
真顔で云われました。
メタボリックシンドロームとはの判定基準は、

腹囲が85㎝以上で、
次の項目のうち、二つ以上該当する場合です。

(1)高血糖
(2)高血圧
(3)脂質異常

私の場合、
腹囲が85㎝と、(1)の高血糖に該当しました。

(1)高血糖とは、110㎎/dl以上となっています。
今回の私は112㎎/dlでした。

たった2㎎/dlオーバーで!!!

いい加減にしてよ、
忙しいんだからと思いつつ説明を聞きました。

説明によると、
メタボリックシンドロームは知らず知らず進行します。
つまり、日々の生活習慣で進行していくということです。

で、なぜメタボリックシンドロームが怖いかというと、
生活習慣病の主な原因、「動脈硬化」の原因になるからです。

動脈硬化は心筋梗塞、脳卒中、糖尿病の合併症の原因です。

死亡や寝たきり、重い後遺症など嫌でしょう?
なら、生活習慣を改善しまよう、っていうことでした。

そして見せられたのが、1㎏の脂肪の塊の模型でした。
この塊の模型は私にとって衝撃的でした。

実は、最近お腹でてきていない?
と会う人ごとに言われていました。
やっと貫禄がついてきたね!!って。

そのお腹の中に脂肪の塊がいくつも???
ショックですよね。

お腹が出ているのは、「貫禄」ではなく「カッコ悪い」
その時が、私の脱メタボの決意の瞬間です。

現在の私の腹囲は79㎝で、空腹時血糖値は106㎎/dlです。
やっと予備群から脱出しました。

このサイトでは、その経過などを書いていきます。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>