起業、みんな成功を望んでいます。しかし・・・

起業、人はだれでも、失敗したくありません

成功するというのは、
失敗と比較にならないくらい嬉しいものです。
しかし、現実には多くの起業者が起業後、
数年で消えていきます。

失敗の原因の多くは、

起業で失敗する原因の多くは、
「自分目線」と「見切り発車」です。

自分目線とは、自分に都合のいいような、
ものの見方で事業を進めてしまうことです。

サービスの利用者は「外」にいます。
その目線ですべての物事を見ることが必要です。

自分目線を相手目線に変える方法

客目線、相手目線になる方法は簡単です。
一枚の神を用いてすぐに出来ます。

A4の紙を用意し、
横置きで、真ん中に1本の線を引きます。

左側に、その事業、サービスについて、
あなたが考えることを書いていきます。

そして、同じ行の右側に、
あなたの考えと全く反対のことを書いていきます。

その、真反対のことをどう解決していくか、
答えを出す。

これが、相手目線、つまり客目線です。
このプロセスをしっかりせず、進めてしまうことを
見切り発車と云い、終着駅は「失敗」と云う駅です。

「成功」したいのなら

成功駅に到着したい。
心からそう思うのなら、見切り発車をせず、
丁寧に相手目線を考えて下さい。