毎日、文章を書くようになりました。

文章を書く習慣を身につけたいと、決意してから1年になりました。

005

今では、ほぼ3記事を1日に書いています。
やっと、習慣になってきたかなという感じです。

さぁ、やるか、と気合を必要としなくなりました。
気合を必要としなくなれば、習慣になったことになります。
書かなければ、気持ちが悪いということになれば。

「3週間続ければ習慣になる」という本がありましたが、
私の場合、3週間では無理でした。
約半年かかったと思います。

続くようになったのは、文字の量を無理しなくなってからです。
それまでは1000字以上と決めていたのを、
ツイッターに近い150文字にしました。

150文字はあっという間に書けます。
すると、物足りなくて300字、500字と書いていました。

もちろん、200字以下の日もいっぱいあります。
でも目標は達成していますので、
なにも挫折感はありませんでした。

いつのまにか、
平気に1000文字書くようになりました。

三日坊主になって、習慣にならないのは、
そもそも目標が大きすぎるからかもしれませんね。

もう一つ、文章を書くことが続いているのは、
フォーマットを作ったことも大きいです。

1・伝えたい事を決める。
2・準備 資料を集める。
3・資料を取捨選択する。
4・資料を組み合わせる。
5.文章にする。
6.タイトルを決める。

考えながら書くと、手が止まります。
書く手が止まると、他のことに目移りし、
いらないことに手を付けはじめます。
これが、文章を書く時の私の一番の悩みのタネでした。

それが、フォーマットを作ってからうまくいくようになりました。

このフォーマットは、
1.目的
2.準備
3.ライティング
になっています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
目的=読者の得る価値
準備=知識+確認
ライティング=話しながら書く
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ライティングを「アミボイスやドラゴンスピーチ」を用いたこともあります。
しかし、私のはなし言葉は「こもる」ようです。
だから、「アミボイスやドラゴンスピーチ」ではうまくいきませんでした。
言葉が明瞭な人なら十分に役に立つと思いますが。
いまは、その両ソフトはパソコンの中で眠っています。

音声入力、しばらくはだめだろうと諦めていたら、
なんと、googleドキュメントの音声入力はかなりの変換力が!!
しかも無料で。

とりとめのない文章になってしまいました。

でも、もしあなたが文章を書く必要があるのなら、
そして書くことを習慣にしたいとお考えでしたら、
あなたなりの文字数を目標にしてみてください。
毎日書くのなら、最初はツイッターで十分と思います。

140字で終わるのもいいし、
もう少し書きたいのなら、それもよしです。
そして自分用のフォーマットを創ってみてください。
楽に書けるようになります。

文章術の本が多くでています。
最初の頃はいろいろな本を購入しました。
ノウハウコレクターのように。

でも、あんなに上手く書けませんからストレスが溜まってきます。
そうならないように、140字を目標に毎日書いてみましょう。