あなたは起業したいと思いますか?

最近のメールに、こんなメールがありました。

「理系東大生、大手企業の内定を蹴って起業!!」

このメールを読んだとき、おもわず拍手喝采しました。
いまどきの東大生も捨てたものではないと。

これまで、
東大出たら、大手企業か官僚かとしか思いませんでしたから。

そんな学生が在学中に起業したのです。
びっくり以外の何物でもないですよね?

で、あなたはどうですか?
この学生のように起業したいと思いますか?

それとも、
ずっと他人の夢のために、自分の人生を捧げますか?

どちらがいいとか悪いとかはないと思います。
価値観の問題ですから。

長男が大学に行きたいといった時に条件を出しました。
1・公務員にならない
2・銀行マンにならない
と云う条件を。

どうしてこんな条件を出したのか?ッて思いますか?
それは、この二つの業種には「お客さん」と云う概念が
とても不足しているからです。

つまり顧客志向で仕事をしていない。
こんなでは到底起業することはできません。

彼には、将来ぜひ起業して欲しいのです。
私は経営コンサルタント起業して10年になります。

妻や同僚にはとても反対されました。
とくに妻は、安定した生活を捨てることに、すごく拒否反応がありました。

しかし、思い切って起業してよかった、と思います。
収入面でもやっと、勤務していた次期を大きく超えるようになりました。

私たちの考えている不安は99%起こらないそうです。
残りの1%にしっかりと備えれば、成功の確率は格段に大きくなります。

数回に別けて、起業について書いていきます。
次回は、「起業の不安を解消する方法」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です