私たちは組織や他人との関わりあいのなかで生きています。

そのような状況で生きていくときに、
ある程度の気づかいは当然に求められます。
気づかいの目的は私たちが大切にする「和」の維持です。

しかし、ときにこの気づかいが、
行動の妨げになる場合があります。

それは、自分の行動を他人はどう見るのだろう?
と、行動をためらうときです。
続きを読む